よくあるご質問

カテゴリ選択
全体
接続サービスについて (84)
料金・各種手続き (81)
電子メール (84)
接続設定等について (39)
オプション・コンテンツ (147)
セキュリティ (126)

お知らせ



戻る
印刷プレビュー
URLをクリップボードにコピーしました
直接参照URL:https://faq.tokai-grp.jp/tnc/web/Detail.aspx?id=31925
 
送信者が自分のメールアドレスになっている迷惑メールが大量に届きます。
 

電子メールの件名や送信者メールアドレスは、普通郵便で差出人を偽って記載しハガキ・手紙を送ることができることと同じように、簡単に変更する(なりすまし)ことができます。

迷惑メールやウィルスメールは、なりすまし形式で送信されるのが大半です。そのようなメールは送信者と宛先が一緒のこともあれば、まったく知らないアドレスが送信先に設定され、Bcc(ブラインドカーボンコピー)機能 * を利用して送られることもあります。

* Bcc 機能とは、To(宛先)に記載された送信者に知られることなく、Bccに設定したメールアドレス宛てに、To へ送られるものと同じ内容のメールが送ることができる機能です。このように Bcc 機能を利用して送信されたメールは、To に設定されているメールアドレスが自分のメールアドレスではなくても、自分宛てにメールが届きます。

 

まずは「かんたん迷惑メール対策」をお試しください。

かんたん迷惑メール対策の設定方法についてはヘルプページをご確認ください。

 

「かんたん迷惑メール対策」の設定後も改善されない場合は、Webメールのフィルターの作成にて、自分のメールアドレスが送信者になっているメールを防ぐことができます。

「フィルター」の作成方法については、ヘルプページをご参考ください。

 

上記の設定をされた場合、ご自身のメールアドレスからご自身のメールアドレス宛にメールを送る際に、拒否ルールが適用されてしまいますので、移動先のフォルダに振り分けられてしまう可能性があります。定期的に移動先のフォルダの確認を行ってください。

 

この情報により問題解決できましたか?

解決した
解決しなかった
戻る
このページの
先頭へ戻る
メールでお問い合わせ
チャットでお問い合わせ