カテゴリ選択
全体
TOKAI(LPガス)
東海ガス(都市ガス)
おいしい水の宅配便
おいしい水の贈りもの うるのん
TOKAIケーブルネットワーク
トコちゃんねる静岡
いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビ
イーストコミュニケーションズ
厚木伊勢原ケーブルネットワーク
エルシーブイ
倉敷ケーブルテレビ
TOKAIでんき
TLC会員サービス
サブスクリプションサービス
TLCカサトクプラス
TLC加盟店
TNC
@TCOM
LIBMO




URLをクリップボードにコピーしました
短縮URL:https://faq.tokai-grp.jp/web/Detail.aspx?id=11301
 
トップ > 東海ガス(都市ガス) > ガス機器・設備 > ガス機器全般 > 風呂釜・給湯器(温水機器)
 
給湯器の設定温度を下げると省エネですか?
 
混合水栓(蛇口部分で水と混合して好みのお湯の温度に調節する蛇口)で給湯器のお湯と水を混ぜて出湯している場合には、手元で出すお湯の温度が同じであれば、同じ量のお湯をお使いの場合、給湯器の設定温度を下げても節約にはなりません。(ただし、給湯器の設定温度以上の温度は出ません。) 給湯を単水栓(水と混合しない蛇口)でお使いの場合は、設定温度を下げるとその分お使いになるお湯の温度が下がるため、ガスが節約でき、省エネです。
関連コンテンツ
土曜日・日曜日・祝日でも、引越しの時にガスを開ける作業に来てもらえますか?
この情報により問題解決できましたか?

解決した
解決したが、わかりにくかった
解決しなかった