カテゴリ選択
全体
TOKAI(LPガス)
東海ガス(都市ガス)
おいしい水の宅配便
おいしい水の贈りもの うるのん
TOKAIケーブルネットワーク
トコちゃんねる静岡
いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビ
イーストコミュニケーションズ
厚木伊勢原ケーブルネットワーク
エルシーブイ
倉敷ケーブルテレビ
TOKAIでんき
TLC会員サービス
サブスクリプションサービス
TLCカサトクプラス
TLC加盟店
TNC
@TCOM
LIBMO




URLをクリップボードにコピーしました
短縮URL:https://faq.tokai-grp.jp/web/Detail.aspx?id=11304
 
トップ > 東海ガス(都市ガス) > ガス機器・設備 > ガス機器全般 > 風呂釜・給湯器(温水機器)
 
給湯器リモコンで温度を調節する場合と蛇口で温度を調節する場合では、どちらがガスを節約できますか?
 
混合水栓(蛇口部分で水と混合して好みのお湯の温度に調節する蛇口)で給湯器のお湯と水を混ぜて出湯している場合には、手元で出すお湯の温度とお湯の量が同じであれば、基本的にはガス使用量は同じになります。

例えば、給湯器リモコンを42℃設定にして42℃でお湯を使用する場合は、使用する量の水を42℃に沸かしています。給湯器リモコンを60℃設定にして、42℃でお湯を使用する場合は、使用する量より少ない量の水を60℃に沸かし、その後、使用する量まで水を混ぜて42℃に調節しています。

つまり、最終的な手元で出すお湯の温度とお湯の量が同じであれば、基本的にはガス使用量(温めるために必要なエネルギー量)は同じになります。
この情報により問題解決できましたか?

解決した
解決したが、わかりにくかった
解決しなかった